オフ会連絡



カテゴリ:[ 趣味 ]


新着順:1/281
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


[286] オフ会後の旅行を紹介します

投稿者: Takkun 投稿日:2019年 7月20日(土)09時36分34秒 p3386221-ipngn201113osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

びわこ畔さんが夕張市のことを書かれたので、それに触発されてオフ会後の旅行を紹介します。今回の個人的旅行のメインは、夕張と積丹半島でした。レンタカーを借りての北海道旅行は五回目で、周辺部と内陸部の主要なところは殆ど回ったことになります。
15日の午後は、うさぎさんと一緒に登別伊達時代村に行きました。ある劇(将軍様と太夫)で観客に「本当のお酒」をふるまうところがあり、誰も手を上げないのでちょっと困っていたようでしたから、うさぎさんに奨めたら名乗り出られました。うさぎさんの勇気をたたえたいと思います。時代村の日本人客は2~3割で、中国人観光客が半分以上を占めます。2つの劇は殺陣で、なかなか見ごたえがありますし、行かれたことがない方にはお奨めです。
15日の夜は、二股らじうむ温泉に宿泊して、まさに「秘湯の旅」の続きでした。たまたま翌日は積丹半島を巡る予定だったので、じゃらんで偶然に見つけただけですが、初めて湯の華がぷかぷかと浮いている経験を味わいました。朝に露天風呂に入ったのですが、年に数回は来ているという客(70歳前後の名古屋在住の金持ち)と、その店の旅館オーナー(80歳前後で東京在住の金貸業)の話を聞いていて面白かったです。オーナーの話では、全館自分の好みで建て変えたとのこと。
16日は、神威岬と積丹岬を訪問しましたが、神威岬の景観はすばらしかったです。オフ会中の天候とは打って変わって晴天に恵まれ、神威岬はみなさんにもお奨めですが、積丹岬は大したことはありませんでした。祝日の翌日だったので、地元の美術館(岩内・共和・倶知安)などはすべて休館日でしたが、開館日でかつ時間があれば立ち寄るだけですので問題なし。泊原発のPR館「とまりん」も休館日でしたが、川内原発(鹿児島)のPR館と女川原発(宮城)のPR館に行ったことがあるので、これもまあいいかという感じでした。
16日夜は、余市に宿泊しましたが、17日に夕張に行くためです。以前は高速道路は小樽までしかなかったのですが、余市まで伸びていて便利になりました。以前に「余市宇宙記念館」(余市は毛利宇宙飛行士の故郷)と「フゴッペ洞窟」を訪れたことがあるので余市の観光目的はなかったのですが、ファミレスは皆無で飲み屋と寿司屋しかないとのこと。寿司屋で海鮮どんぶりを食べましたが、さすがに北海道、海鮮の量がたっぷりでおいしかったですね。
17日は、個人的には今回の旅行の目玉、夕張市にある石炭博物館を訪問しました。最盛期の夕張市の人口は12万人弱だったそうですが、今は8千人程度だそうです。昔、栄えたことがある廃墟の町・・・というというのは言い過ぎかな。政治家ならば首になるような発言ですね。日本語でしか説明文はないし、さすがにこんなところには中国人観光客は来ないだろうと思っていたのですが、中国人団体客がきてびっくり。帰るときに係の女性に尋ねたところ、大きなホテルは二軒ともオーナーが中国人で、一年前あたりから中国人団体客が来るようになったとのことでした。そういえば、夕張の宿は二軒しかなく高額だったのでパスしたのですが、そういう理由だったのですね。以前、トマムの星野リゾートが中国人資本になったというニュースがありましたが、こちらもそれと同じで、豪華なリゾートホテル風でした。
それから説明をしてくれた係の女性(30歳前後?)は、神威岬には感動して三回も行ったことがあるとのことでした。再度、お奨めしたいと思います。
長くなりましたが、個人旅行の感想でした。


新着順:1/281
記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.