かんたん掲示板



カテゴリ:[ 合唱 ]


644件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[651] 花粉にも負けず、コロナにも負けず。

投稿者: マリア鳩ぽっぽ 投稿日:2020年 2月23日(日)21時32分32秒 softbank126242218112.bbtec.net  通報   返信・引用

皆さま こんばんは。

連日、世の中は新型肺炎の話題でもちきりですね。
花粉も飛び始めたのにマスクもかえず、泣きっ面にコロナです。

takaさん
お忙しいところをこまめにHPの更新をしていただき、ありがとうございます!(感謝!)
takaさんの活躍を楽しみにしています。頑張ってくださいね。(フレーフレーちよう・ちよう?)





[650] めっちゃ残念…。

投稿者: マリア鳩ぽっぽ 投稿日:2020年 2月22日(土)19時59分49秒 softbank126242246004.bbtec.net  通報   返信・引用

皆さま こんばんは!

カラヤンさん
いつも楽しいK先生のレッスンの内容を投稿していただき、ありがとうございます!(感謝!)
大好きなK先生のありがたい御言葉を掲示板を通じて聞くことが出来、迷える子羊のポッポは、迷いから救われます。(アーメン!)

またfuruさんには何度も会議に出席していただき、ありがとうございました!
今回は残念でしたが、練習してきたことは決して無駄ではなかったと思います。エーデルワイスもサウンドオブミュージックも練習出来て幸せでした!

私は記念すべき第一回目の合同練習に参加することが出来ず、第二回目の練習を楽しみにしていましたが練習もなくなってしまい、これも残念。(しょんぼり…)
来年こそはムクドリ(ん?なんだって?)になりたいです!(本当はみんなでカラスか、鳩か、ひばりになりましょう!)
本当の本当は、『みそさざい』になりましょう!



[649] やはり残念

投稿者: カラヤン 投稿日:2020年 2月21日(金)21時49分29秒 KD124213016241.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

furuさん、皆さま、こんばんは

新型コロナマークⅡ、じゃなかった、新型コロナウィルスが大流行。
というダジャレが空々しく感じられるくらい、世界中が猛威に晒されていますね。

時間の問題かとは思っていましたが、案の定というべきか、市民音楽祭も中止の決定。
日本中こういう状況ですから、草加だけ特別というわけにもいかないのでしょう。

個人的には、風邪で声が出なくて欠席した昨年のリベンジを果たしたかったのですが、うーん残念。

takaさん、HPの2019年市民音楽祭の写真、何かに取り換えてください。
といっても、飲み会で盛り上がっているところじゃねえ(笑

仕上がり直前までいったエーデルワイスとサウンド・オブ・ミュージックは、どこかで披露したいですね。
それともメサイアの持ち歌としてストックしておきますか。

24日の合同練習も中止になりましたが、先日の練習でのK先生のお話しをつらつら思い出したので、ついでにここで。

人は自分の体しか思うようにならない。人と共感することはある程度できても、本当のところは自分のことしかわからないし、他人の体を意のままに動かすことなんてできない。
だけど、実は自分の体ですら思ったように動かすことはとても難しい。たとえ瞬間的にできても放っておくとすぐに錆びつく。だから、練習を繰り返さなきゃいけないんだと。
子供の頃、一所懸命練習すれば、大人になったら練習しなくてよくなるのかな、なんて思ったけど、とんでもない。だけど、練習って、やっているうちに楽しくなるから不思議よね。

これおそらくK先生の持論ですが、まったく同感です。
私も子供の頃は周りの大人を見てなんでも簡単にできているように見えたし、早く大人になって楽したいと思ってましたから(笑

もう一つは(西洋の)男性の自然な優しさについて。
あちらでは、男の子におじさんとかがキスしたりハグしたりして、男の子も嫌がっているけど、それが大人になると上手に振る舞えるようになるんだと。

イタリアやアメリカはそうなのかも知れませんね。
私くらいの世代だと、テレビにキスシーンやラブシーンが映っただけで、親にすぐチャンネルを変えられましたから、そういうのは絶対ムリ。
IT技術は日進月歩しても、文化や習慣はそう簡単には変わらないということでしょう。
日本人の顔が昔から将来までずっと平たいままでいるのと同じように。



[648] Re: 初回の合同練習

投稿者: furu 投稿日:2020年 2月20日(木)22時45分8秒 i118-20-48-71.s42.a011.ap.plala.or.jp  通報   返信・引用

カラヤンさん、皆さま、こんばんは!

カラヤンさんの、15日のレポートありがとうございます。
復習に大変役立たせていただいています。

市民音楽祭に向けて、サウンド・オブミュージック、エーデルワイスも仕上げの段階にはいりましたね。
ふれあいの里祭りの演奏後、「次は新しい曲に入りましょう。コールファンタジアは、もう大丈夫だから」と、先生が言われました。本番まで、新曲と並行して熟成させてということでしょうか。

リバーの代表Yさんが、楽譜カバーを注文してくれて届くのを待つばかりです。
ところが、19日の会議で、新型コロナウイルスの感染を考えて、市民音楽祭を開催すべきか考えてと言われました。皆さんは、どう考えられますか?
市としては、中止もあるということですので、中止と言われたら従うしかないですね。
不特定多数が参加するイベントが中止、延期したりしているので、こういう事も仕方ないのでしょうが、
それまでは、本番めざして歌い込んでいきましょう。





[647] 初回の合同練習

投稿者: カラヤン 投稿日:2020年 2月16日(日)22時50分41秒 KD124213016241.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

鳩ぽっぽさん、みなさん こんばんは

ぽっぽさん情報によると、今日はふれあいの里のお祭りで、コーラス風さんも登板されたのですね。
お天気は今一つでしたが、大いに盛り上がったことと思います。

新型コロナウィルスを相手に(そうなの?)土日も休みなく奮闘されているぽっぽさんのリクエストに応え、昨日の合同練習の模様の一部をフィードバックします。

2時間の枠の中で、椅子並べや後片付けもあり、かなりポイントを絞っての凝縮されたレッスンでした。
テーマは「高揚」、サブのキーワードは「顔」と「喜び」と「妄想」。
K先生自身が「今日のテーマは高揚だからね」と念押しされたくらいだから間違いないでしょう(笑

これまでの練習で音程とかハーモニーやリズムはなんとか一応とれてきたので、2回の合同練習では表現力を付けるということでしょう。
正味2時間弱のレッスンの間にどれだけ「高揚」と「顔」を連呼されたことか。
「今みんな高揚してた?」「楽譜を見ながらでも高揚できるのよ!」「顔がダメ!全然高揚してない!」「顔をなんとかしなきゃ!」「力強い喜びが必要なのよ!」等々。

エーデルワイスはスイスの国花、日本で言えば桜。野辺のたんぽぽに向かって歌うのとは違うわよ、と。
ここでK先生は国際的文化論を展開。
海に囲まれて外敵から襲われることも少ない島国日本と、国境を一跨ぎできるヨーロッパの国々は違う。アイデンティティとか祖国愛は日本の比ではないと。
チェコスロバキアを例に出されたのは、もしかしたら前日の「ららら・クラシック」でスメタナとドボルザークを取り上げていたのをご覧になったのかも知れません。

天災に見舞われても土地が肥沃で数年で草ぼうぼう、何事もなかったように元に戻る日本は忘れっぽくて、なんでも水に流す文化。対して韓国が恨みを忘れず執拗なのは、土地が痩せていて岩盤が固いからだと。

歌うこと=演じることであり、ストーリーを作るには想像力を超えた妄想力が必要で、そのためには「○○愛」というくらい大好きでのめり込むものを見つけましょう、というお話でした。

練習の随所にK先生ならではの笑いを誘う名言がありました。
サウンドオブミュージックでは、ハミングから全員合唱に移る「啼き渡る~鳥の声は~」のところで「今の女声は駅前の騒々しいムクドリの群れみたいよ。」
うまいこと言うなあと心底感服しました(失礼!)。

今回、エーデルワイスが主だったので、次回はおそらくサウンドオブミュージックに重点を置いたレッスンになるのではないかと思います。

仏頂面して歌っていると「○○さん、あれだけ高揚、高揚と言ったのに、たった2週間で水に流してしまったの!」と名指しされますから、くれぐれもご用心。




[646] 毎日が勤労頑張るの日です。

投稿者: マリア鳩ぽっぽ 投稿日:2020年 2月12日(水)13時06分28秒 pw126193117240.28.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

皆さま こんにちは!

カラヤンさん いつも楽しいレビューをありがとうございます(感謝!)。
次回の中央公民館での合同練習も、『桜を見る会』の名簿を探すために欠席します。(冗談ですよー!普通の仕事です。涙!)
もし良かったら、合同練習の様子など教えてください(祈り!)

翌日の16日(日)は、ふれあいの里のお祭りでコーラス風さんも合唱の披露がありますねー。16日も名簿を探さなければならず、(冗談ですよー!普通の仕事です。涙!)皆さんの歌を聴くことが出来ません(大泣き!)
残念です。皆さん、頑張ってください。



[645] Re: 悩める50代!

投稿者: カラヤン 投稿日:2020年 2月 2日(日)23時06分17秒 KD124213016241.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

鳩ぽっぽさん、皆さん こんばんは

> 最近、ネットでは安倍首相の「募っているが、募集はしていない」発言にたくさんの大喜利が出来ているそうです。皆さんも読みましたか?そこでぽっぽも一つ考えました。「叱られたけど、怒られてない」これは正解すぎて、全く面白くないなぁ…。(座布団全部没収!)
> ということで、安部首相のように座布団3枚くらい、もらえそうな大喜利が出来ずに、すみません(次回、また頑張ります!)

時事ネタまで自由自在に操るとは、もはや天才ですね。
ミルクボーイに匹敵する大喜利です。

お仕事で涙を飲んだそんな鳩ぽっぽさんのリクエストに応え、レッスンレビューを一席。

昨日のテーマは「歌に表情を付ける」でした。
前回の「イメージをもつ」を、より積極的、能動的にしたものですね。

歌にマッチした自然な笑顔が大事。
人は楽しい時は楽しい顔になるし、美味しい時は美味しい顔になるでしょう。
でもそれは「顔に出る」ということであって「顔に出す」というのとイコールじゃない。
「出る」から「出す」に至るには大きな壁があって、歌うのは「表情を出す(作る)」「表現する」という別人格的な行為なので、意識しないとできない、訓練が必要なんだということでした。
哲学的でちょっと難しいですね。

サウンドオブミュージックの、「はばたく小鳥…」のところは音楽の変わり目だから表情が変わるはずなんだけど、みんなのんびりしていて、聞く人の気分。
スポーツをする人と観戦する人では運動量がまったく違うのと同じように、歌う人のエネルギーは聞く人と全然違う。
歌うため(はばたくため)には「バタバタ」しなければならない。飛ぶことは大変だから、天敵がいないところではキュウイみたいに飛ばなくなってしまう。みんなキュウイみたいよ。飛ばなきゃ!

もうひとつは「テンションを上げる」ということでした。
本番だと自然とテンションが上がるけど、練習の時からテンションを上げることが大事で、101パーセント以上を積み重ねることで上達・前進するんだと。

K先生のお話を聞いているときは、比喩が絶妙で、ユーモアの中に説得力があり、うんうんと頷けるお話しばかりだったのですが、要約しようとすると、なんだかわからなくなってしまいました。スミマセン。

次回2月15日(土)は、中央公民館で11時から13時の合同練習なので、お間違えの無きよう。



[644] 悩める50代!

投稿者: マリア鳩ぽっぽ 投稿日:2020年 1月30日(木)21時04分15秒 softbank126242247244.bbtec.net  通報   返信・引用

皆さま こんばんは!

カラヤンさん!
毎回、手に汗握る臨場感あふれるレッスン中継をありがとうございます!
カラヤンさんのレッスン情報を読みながら、先生のおっしゃっている事や、皆さんの頑張っている様子が今、まさに目の前で繰り広げられているようです。それに、メサイアの内容についても、めっちゃ詳しいのですね!
なんて素晴らしいのかしら!(タカラヅカのマリーアントワネット風!)
次回のレッスンもお休みのため(大泣き!)、どうかドキドキ・ハラハラ・ワクワク・キラキラ・レッスン情報をお願いします(祈り!アーメン!)

新年早々の『みなさん 不真面目です』は、さすがに波乱の幕開けですねー!
いつも叱られているぽっぽは、その時の状況が目に浮かぶようです(自慢ではありませんが、先生に叱られる回数では、誰にも負けません!キッパリ!)

悩める50代のぽっぽ!
年齢を重ねるごとに、人様から叱られる回数が減ってきたぽっぽに、K先生だけは真剣になって叱ってくれます。
叱られた時は本当にへこみますが、駄目駄目人間のぽっぽを少しでもまともな人間にしようと叱ってくれるK先生は本当にありがたいなぁと思います。この事も私がK先生の事が大好きな理由の一つです!
(しかし叱られて、いつもへこんでいるぽっぽに、K先生には、へこんでいるように見えないらしいのが残念です!
おかしいなぁ?どうしてだろう?
うううっ涙!)

最近、ネットでは安倍首相の「募っているが、募集はしていない」発言にたくさんの大喜利が出来ているそうです。皆さんも読みましたか?そこでぽっぽも一つ考えました。「叱られたけど、怒られてない」これは正解すぎて、全く面白くないなぁ…。(座布団全部没収!)
ということで、安部首相のように座布団3枚くらい、もらえそうな大喜利が出来ずに、すみません(次回、また頑張ります!)



[643] いよいよ曲作りに

投稿者: カラヤン 投稿日:2020年 1月27日(月)23時27分41秒 KD124213016241.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

続いて、恒例のレビューです。

音取が難しかったサウンドオブミュージックも、なんとか形になってきたということなのか、レッスンもイメージ戦略のステージに入ってきました。

サウンドオブミュージックはどんな場面で歌われるの?
退屈な修道院を抜け出して、風に吹かれながら高原独り占めで歌う主人公の気分でしょう。
みんなは、修道院の窓から外を眺めて歌っているみたいよ。
それに羽ばたく小鳥じゃなくてペンギンみたいよ。

とにかく躍動感が足りない、落ち着き過ぎてもったりしているというご指摘で、そうならないためには、ワクワクした気持ちになること、休符を効果的に使うことが大事であると。

そのほか、アーフタクトの曲の場合には、小節の頭にアクセントをつけがちだけど、言葉の頭にアクセントをつけるように、ハミングは高めに出さないと暗くなるから、といった注意がありました。

エーデルワイスもやはりイメージ作りを重点的に。
「メロディーがテナーからソプラノに移る時に、1本だけだった花が画面いっぱいの花に」というのが先生のイメージだそうです。
そう言われると、たしかにそう聞こえてくるから不思議ですね。

33番は、短く刻みながら、歌詞をつけて練習しました。
まだ先週から始まったばかりですが、ここでもやはりイメージを持つことが重要とのお話でしたね。
男声パートの「Who is~?」は、本当に誰なのか知りたいという感じを出す。
ローマに支配され、貧富の差に苦しむユダヤの人々は、救世主の出現を心から待ちわびているんだと。
だから、神のお告げを聞いて、それはだれ?それはだれ?と。

練習は今週末の土曜日もありますから、今日はこの辺にしましょう。
お天気が良いといいな。



[642] Re: 悩める還暦

投稿者: カラヤン 投稿日:2020年 1月27日(月)22時36分36秒 KD124213016241.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

takaさん みなさん こんばんは


> 確かに、リズムに合わせて息を細かく吐いてたのは私めです。m (__)m
> ふざけてたように思われたのですかね?
> 「これまで何を学んできたの!!」みたいなお言葉は、さすが凹みました。うううっ。(涙)

カミングアウトされるとは、takaさん正直ですね。
正直者はバカを見る、じゃなかった、正直者は救われる(笑
でも、K先生にフマジメと言われたのはtakaさんのことじゃないと思いますよ。

> 自分の声が浮いて、皆さんと混ざらずに、響き合ってないみたいですし、
> 合唱に向いてないのかなぁ。そこを、K先生が指摘されないのは、なんか不思議。

ノープロブレム!
個性が混じっていい味が出るのが合唱だから、大丈夫です。
K先生も息の吐き方にはとことんこだわられますが、こういう声で歌えと一切おっしゃらないのはそういうことだろうと思います。
それ以前に、ちゃんと馴染んで響きあっていますよ(^^♪


レンタル掲示板
644件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.