日蓮大聖人の仏法 掲示板

日蓮大聖人を末法の御本仏と信じ、日蓮正宗大石寺の本門戒壇の大御本尊を信仰の対象としている方に向け、日蓮大聖人の御心に叶い、時に叶った正しい信心とは如何にあるべきかを考えていきます。



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ] キーワード: 法華講 創価学会 外道義


新着順:39/222


[185] (無題)

投稿者: 妙介(管理人) 投稿日:2018年10月 3日(水)23時07分51秒   通報   返信・引用

法介さんのところの掲示板に投稿しようと思ったら、投稿できなかったのでこちらに貼り付けておきます。

https://6819.teacup.com/mh357/bbs

論述、お疲れ様でした。
妙介です、お久しぶりです。

>大聖人様は、ご自身のことを
>本仏などと一言もいわれておりません。
>また、本尊にしても日蓮正宗が主張するような
>特定の本尊を指して帰依の対象となる本尊とする
>などとも決して云われておりません。

御説、ごもっともだと思います。

日蓮大聖人を御本仏と仰ぎ、板本尊をその御当体として信仰する「日蓮正宗」という宗教は、彼(日蓮)の一部の弟子たちによる創作です。
その「日蓮正宗」という宗教を成立させるために「本門戒壇の大御本尊」というものが必要なため弟子たちが造った、というのが事実に近いのではないかと考えています。
その際にパッチワーク的な手法が使われたとしても、特に何の疑問も湧きません。

その上で、私は「日蓮正宗」を信じています。

そもそも、日蓮が最も大切にした法華経自体が釈尊の直説ではなく、その弟子たちによる創作なのだから…、

なんだかなぁ、もっと大づかみにざっくりと理解する・・・、というのが、仏教を理解するための要諦だと思いますが、難しいんだろうな。



新着順:39/222


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.