teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. アーカイブ(0)17/03/09(木)01:13
  2. 足あと帳(0)17/03/06(月)17:35
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:31/889 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

少女たちの訴えは深切でした

 投稿者:永野悟  投稿日:2019年 9月28日(土)16時07分2秒 pw126212217000.17.panda-world.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
      二人の少女のスピーチ、興味深くかついろいろな意味で感動しました。少女らしい、わかりやすい英語で切々と訴えたのは多くの人に認識の変革を迫ったことでしょう。
   最初のスウエーデンの少女の環境問題への怒りは、種々の数値データも合わせて、大人たちの認識を変えるものであったでしょう。話した内容が実際に科学的にどれほど正しいかは後の問題として、考えさせられたのは一つは世代の問題ですね。すなわち前世紀からの大人たちによっていまの環境汚染のシステムが作り上げられてしまったこと。これは若い、次の世代からでないと本当の真実の問題として受け止められなかったでしょう。政治家など大人たちでは自らの問題として感じられにくい。ただふつうにもう一つ感じたのは、草原氏もいうように、どうしてこれほどまでの意識・感受を持つようになったのか、彼女の生育教育環境について知りたい感じです。というのは世界の同世代の若者はこんなふうなのはやはり少数で、たとえ汚染への危惧はあるにしても、あれほど涙ぐみ怒りに震えるのは、これから生きていく彼女自身にとっても幸せではないな、と思ったことでした。

   思ったより長く書いてしまいましたが、小生が感動し共感したのは後者の朝鮮の(脱北の)少女の訴えです。北朝鮮の圧政、弾圧をありのままに、被害当事者の一人としてそれこそ身に迫る感じで訴えていました。ずっと涙であったのは、嘘でない、誠の気持ちの表れと感じました。脱北してゴビ砂漠を超えていく、それこそ道案内はなくただ夜空の星だけが共であったというのは、こんな若い身空でとてつもない経験でした。さらに、母親がレイプされるのを目前にした、などはとんでもない話です。
    当方はヒマでiPadの動画をいろいろ見るのですが、中国や半島の人間たちの前世紀以来の残虐を数多く知りました。特に北朝鮮の建国以来の、弾圧、政治犯の処刑、少女の話ではたかが米国映画を見たと言うだけで処刑など、考えられない話があります(いまの金正恩だって、身内の叔父をいとも簡単に処刑した)。彼の国の独裁は、もはや外国や国連などが手出しをして、政権・政体を変革させねばならないでしょう。内政干渉というより、人道上の切迫した問題です(拉致問題も含め)。かつてのポルポトのカンボジアに、隣国ベトナムが侵入・攻撃してあらたな政権を作った。でも北朝鮮にはそうした、ヘム・サムリンのような改革者は地政上考えれないでしょう。まさか内部からのクーデターは起こせないでしょうしね。
   こんな北と握手を組む南の文在寅は、やはりおかしい。何が左派だ、民主派だ、という疑問でいっぱいです。やつは北のそうした残虐な圧政の事実を知らないのか、と思います。ま、南も戦後直後の李承晩政権下の大虐殺があって、この民族はどうしようもないなと思ったものでした。(文在寅は、日本の軍国的支配を云々するけれど、「現在」の事実を見ろということですね)。
    押し込み的投稿になりまして、失礼いたしました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:31/889 《前のページ | 次のページ》
/889