投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)17/01/22(日)03:52
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月26日(日)22時46分10秒
返信・引用
  > No.41[元記事へ]

> 写真の枚数の多さとコメントからみると、Bunpeiさんのデモが一番印象深かったようですね。
> ついでNutube?

この方は、ずっと以前からのSDTrans384ユーザでES9018S Dual Mono DACボードもタキオン試聴屋さんから購入し、まあいえば「身内」の人なので、ひいき目で見てくれているのだと思います。
 

Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月26日(日)19時44分25秒
返信・引用
  > No.40[元記事へ]

> 電源以外の電磁誘導、静電気などの対策、についてご教示お願いします。

部品を並べて配線をするのが精一杯で、これらの点については、一部にファインメットテープを貼ってディジタル信号由来の電磁放射ノイズを軽減しようとしていることを除いて、何もできておりません。
 

Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月26日(日)13時51分12秒
返信・引用
  > No.39[元記事へ]

> 中国人の方が当日の写真を投稿されているのを見つけました。
>
この写真を撮った人、相当なマニアですね。
佐久間さんと金田さんの2ショットなど滅多に撮れないでしょう。
あと新さんの写真も撮っているのをみると、MJ,管球王国(ラ技も?)をまんべんなく見ている?
写真の枚数の多さとコメントからみると、Bunpeiさんのデモが一番印象深かったようですね。
ついでNutube?
 

Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:yassie  投稿日:2017年 3月26日(日)13時30分0秒
返信・引用
  > No.39[元記事へ]

>
> 中国人の方が当日の写真を投稿されているのを見つけました。
>
当日は、残念ながら他用で参加できませんでしたが、”音”以外はよくわかりました。
電源の重要性が十分理解できました。
電源以外の電磁誘導、静電気などの対策、についてご教示お願いします。
 

Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月25日(土)23時51分18秒
返信・引用
  > 先週、上記の催しで、自作そのままのSDTrans384 + ES9038PRO Dual Mono DACを使って、NDKの汎用品の水晶発振器とOCXOであるDuCULoNをその場で差換えながらそれぞれで同じ曲を再生して、その違いを聴き取っていただくデモを行いました。

中国人の方が当日の写真を投稿されているのを見つけました。

http://www.1pekingroad.com/zaspx/replies.aspx?topicsno=4&subjectno=4934&uppersubjectno=4934

最前列に座っておられる、sotaro様とゴルフ13様の後ろ姿が!
 

Re: アマチュア用VNA

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月25日(土)19時10分10秒
返信・引用
  > No.18[元記事へ]

VNA校正について
面白いページを見つけたので忘れないうちに書きとめておきます。
http://chemandy.com/technical-articles/calibration-standards/calibration-standards-article1.htm
http://chemandy.com/technical-articles/calibration-standards/calibration-standards-article2.htm
http://chemandy.com/technical-articles/calibration-standards/calibration-standards-article3.htm
 

Re: Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月25日(土)10時47分13秒
返信・引用
  > お気楽さんからES9038PRO Dual Mono構成のI/Vに使える "Renew POWER-IV-B(OPA)"基板 の
> 頒布が開始されました。ファインメット・トランスI/Vとの音質差に興味があります。

もし、パワフルな音をお望みであれば、かなっているかもしれませんね。

私の場合、ファインメット・トランスI/Vにしているのは、
1.+-12V(それも左右)の電源が不要というのが有難いこと
2.トータル音質にアクティブ素子による中途半端な個性がつくのを避けたいこと
という理由があります。


当初ES9018S DACの時には、ファインメット・トランスI/Vはパッシブ素子オンリーなので、本当のエネルギー感にかける、また低音が出にくいと思っていました。しかしES9038PROに換えてみてそれがファインメット・トランスI/VによるものではなくDAC素子自体によるものだったのだろうと認識をあらためました。ファインメット・トランスは、入ってきたものをそのまま出しているだけなのだろうと思います。
 

ヘッドフォン祭

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月25日(土)01時06分36秒
返信・引用
  4/29,30 @中野サンプラザ
http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php
 

Re: Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月22日(水)20時15分41秒
返信・引用 編集済
  > No.33[元記事へ]

お気楽さんからES9038PRO Dual Mono構成のI/Vに使える "Renew POWER-IV-B(OPA)"基板 の
頒布が開始されました。ファインメット・トランスI/Vとの音質差に興味があります。
 

Re: Analog Discovery2とFRAplus

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月21日(火)21時31分8秒
返信・引用
  > No.19[元記事へ]

FRAplus(ソフト)の修正版が出たとのことです。
> ARITOさんの掲示板
>  ..tp://amp.umetech.com/ariq/joyful.cgi
 

Re: Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月20日(月)11時21分32秒
返信・引用
  > No.32[元記事へ]

> 音質の変化はもちろん電源部の構成にも驚きました。オーディオ的には圧倒的にデジタル再生でしょう。

電源トランスとチョークコイルは、埼玉のゼネラル産業の鈴木社長にお願いして巻いてもらったファインメットコアのものを使っております。
(私は、さいたま市にたまたま居住していた関係で「鈴木流オーディオ道」の流派に属する自称弟子なので、稽古をつけてもらうお師匠様ご推薦のファインメットコアしか使いません)

> DSD5.6MHZで録音された音源も聴いてみたいですね。

早稲田の山崎先生が、ご自分のVC録音機にDuCULoNを接続して録音された5.6MHzの音源があります。これも通常の水晶発振器で録音されたものと比べるとかなり違うように感じています。
場所・時間等をご指定いただければ、またデモに参らせていただきます。
 

Re: Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:ゴルフ13  投稿日:2017年 3月20日(月)11時02分11秒
返信・引用
  > No.31[元記事へ]

>「汎用品の水晶発振器」として使用されてものは「NZ2520SD」ではなく、オーディオ用とは銘打っていない本当の汎用品でした。

音質の変化はもちろん電源部の構成にも驚きました。オーディオ的には圧倒的にデジタル再生でしょう。
DSD5.6MHZで録音された音源も聴いてみたいですね。

 

Re: Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月20日(月)08時45分23秒
返信・引用
  > No.30[元記事へ]

> 汎用品の水晶発振器と言っても高音質でDACマニアの標準品の一つになっているNZ2520との比較なので、差に驚きました。

「汎用品の水晶発振器」として使用されてものは「NZ2520SD」ではなく、オーディオ用とは銘打っていない本当の汎用品でした。
 

Re2: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月20日(月)00時36分27秒
返信・引用 編集済
  > No.29[元記事へ]

> 先週、上記の催しで、自作そのままのSDTrans384 + ES9038PRO Dual Mono DACを使って、NDKの汎用品の水晶発振器とOCXOであるDuCULoNをその場で差換えながらそれぞれで同じ曲を再生して、その違いを聴き取っていただくデモを行いました。

汎用品の水晶発振器と言っても高音質でDACマニアの標準品の一つになっているNZ2520との比較なので、差に驚きました。
 横で鳴らしていたコルグのNutubeプリの音がなさけなく感じました(ゲインが極めて低いNutubeを3極管アンプとして使用したので6段構成にせざるを得なかったため、アムトランスの高音質PPとはいえ、カップリング・コンが6個も入っているので音質劣化するのはしかたないのかもしれませんが→管球王国82号121-6頁。この号にはM14, DST, DST62, 10Aの簡単な構造図も載っています。さらに、横に並んでいた金田氏のNutube使用のDCプリと聴き比べてみたかった。金田氏のはNutubeをV/I変換のみに用い、後は石のカレントミラー2段構成で40dB電流増幅し、イコライザは電流シャント型という画期的なものです→MJ4月最新号86-97頁と次号。天才か)。
アナログとして普段聞き慣れているゴルフ13さんの音と無意識に比較している可能性もありますが。
 DuCULoNは高価なので、普通のOCXOではどれくらい違うのかが気になります。ただし普通のOCXOは、オーディオ用に使える発振周波数のものが殆ど無く、特注を除きTデバイスの33.868800Mz位しか簡単には入手できないようです(在庫はあるが個人には売ってもらえない)。ケンさんが以前使っておられたのですがルビに替わってしまったので、どの程度の音質なのでしょうか。このためにConfig ROMを焼いて頂くのは気が引けるし。
 

Re: ES9038PRO Dual Mono DAC

 投稿者:Bunpei  投稿日:2017年 3月19日(日)11時02分10秒
返信・引用
  > No.11[元記事へ]

> MJオーディオフェスティバル
>  2017年3月12日(日)
>  損保会館 502号室の日本電波工業株式会社の出展スペースで
>  SDTrans384 + ES9038PRO Dual Mono DACを使ったデモが行われるとの事です。
>   時間 午前 11:00~11:25
>      午後 14:55~15:20
> (ES9038PROは、ES9018でお馴染みのESS社の最新鋭超高性能DACです

先週、上記の催しで、自作そのままのSDTrans384 + ES9038PRO Dual Mono DACを使って、NDKの汎用品の水晶発振器とOCXOであるDuCULoNをその場で差換えながらそれぞれで同じ曲を再生して、その違いを聴き取っていただくデモを行いました。
当方の手前味噌では、それぞれの曲(ホテル・カリフォルニア、ケルン・コンサート、ホワイトクリスマス、悲しい酒)で十分DuCULoNの低位相ノイズ特性が良く反映されていたのではと思ったのですが、ご経験の豊かな皆様のご感想はいかがでしたでしょうか?

ゴルフ13様のおっしゃられるような「素直な音」には程遠いかと思いますが、多くの情報量を引き出しながら、よりアナログ的な滑らかさに近づいているのではないかと思ったのですが。
 

Re4: ゴムレス化

 投稿者:ゴルフ13  投稿日:2017年 3月18日(土)11時31分30秒
返信・引用
  > 支持部はどんな構造になっているのでしょうか?

支持部はカンチレバーの径(0.5ミリ)が異なるので1,2号と同形状ですが、サイズに違いがあります。
左右に動く部分はかなりフラフラにしないとダメなようです。
 

Re4: ゴムレス化

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月18日(土)01時46分57秒
返信・引用
  > No.26[元記事へ]

>ゴムレスカートリッジ3号を作りましたが、カンチレバーを3.9ミリと短くしたにもかかわらず共振によるピークが発生し、また振り出しに戻ってしまいました。また一から出直しです。

支持部はどんな構造になっているのでしょうか?
1号機や10A,サテン等は支持板がメカニカル・ダンパとして絶妙に働いている気がするのですが。
 

Re: Re2: ゴムレス化

 投稿者:ゴルフ13  投稿日:2017年 3月17日(金)18時50分44秒
返信・引用
  > No.25[元記事へ]

> > ゴムレス化で来た道はあと帰りはしないとして、カンチレバーの寸法以外の方法を思案する必要がありそうです 。
>

>ゴムレスカートリッジ3号を作りましたが、カンチレバーを3.9ミリと短くしたにもかかわらず共振によるピークが発生し、また振り出しに戻ってしまいました。また一から出直しです。

 

Re2: ゴムレス化

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月14日(火)00時33分22秒
返信・引用 編集済
  > No.23[元記事へ]

> ゴムレス化で来た道はあと帰りはしないとして、カンチレバーの寸法以外の方法を思案する必要がありそうです 。

0号(秋の音展)機で、耳の感度の良い数kHz(フレッチャー・マンソン曲線より明らか)にカンチレバーの共振があるようだったので、その対策として①カンチレバーを短くして共振周波数を耳の感度が低くなる高周波数に移動させる,②カンチレバーに制振性のある素材を用いる、の2案が出ました。
1,2 号機でカンチレバーを短くされたのは、①の対策であり、さらに1号機では、アルミと黄銅の異種金属を重ね合せることにより②の対策もされていると思います。
「カンチレバーの寸法以外の方法」となると、今のところ②を徹底的に行うしかアイデアがありません。
制振金属には種々ありますが http://www.daido.co.jp/products/damping/pdf/basic.pdf https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvsj1958/42/1/42_1_11/_pdf 柔らかい素材は使えないでしょうから、図の高強度・高減衰能グループ内にある中から選ぶとすると、形状記憶合金としてよく使われているNi-Ti合金があります。(図より、Ni-Ti合金の方がMg合金より減衰能が5倍程度優れている)
Ni-Ti合金パイプはφ1mm以下のものもあります。
 医療用超弾性NiTi チューブ https://www.furukawa-ftm.com/nt/nttube.htm
これが入手できればなんとかなるかも知れませんが、コネがない。
 

LEAKのトーンアーム

 投稿者:sotaro  投稿日:2017年 3月13日(月)16時24分25秒
返信・引用 編集済
  壊れたトーンアームがeBayに仙川のサウンドボックスから出品されていたので電話をして直接買いに行ってきました。
出力コネクタが都合よく壊れている(カート側のコネクタは付いてる)ので、XDPさんのように、ネジ付き円筒の部分を切り取ってアルミ+真鍮台に載せるつもりです。
中央のシャフトの方が長いので、台の総高だけが問題ですね。
 

/3