投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


恒例の山菜ハイク

 投稿者:ヤッホー  投稿日:2017年 4月24日(月)07時52分46秒
返信・引用 編集済
  毎年恒例の楽しい山菜ハイク。

近頃は花脊の花山人さん宅を提供していただいてのイベントとなってきました。

そのせいか、年々参加者が多くなってきて、当日採った山菜だけでは足りないからと、前もって先輩方がいろんな山菜を採りに行ってくださったり、お店で調達してきてくださったりと、御世話してくださる方があってのイベントです。

今年はいつまでも寒く、山菜がなかなか芽を出さなかったため、予定日を一週間遅らせて行われたのですが、ワラビなどはまだ顔を出してなかったです。

ツクシにカンゾウ、ヨモギ、フキ、ワサビ菜と、各自がお土産までゲット。

陽射しは暖かく山菜採り日和でした。

山菜摘みを楽しんだ後はいよいよ採れたて山菜の料理です。

ツクシの袴をとったり、採れた山菜を洗ったり、お手伝いは皆でするのですが、我会は名シェフ Y氏がいてくださいます。今回はこのY氏がほとんどお料理してくださいました。

天婦羅は女性陣が担当です。みんなで協力して揚げていくのですが、この揚げたてを頂くのがたまらなく美味しい!

ヨモギ、イタドリ、フキノトウ、スミレの花 、ギシギシ、アザミ、コゴミ、タラの芽、コシアブラ等々、この時期にしか頂けないものばかり。

贅沢な一時です。

他の山菜は Yシェフが色々作ってくださいました。

ノビルとカンゾウをそれぞれ酢味噌あえに、カンゾウとワサビ菜のおひたし、ツクシの卵とじ。どれもとても美味しかったですよ。

後は会員さんがそれぞれに持ち寄ってくださった食材もたくさんあって、満腹になりました。

場所を提供してくださった花山人さんご夫妻、いつも有難うございます。
20人以上が集うのですから、大変なことです。いつも甘えてばかりですが、このような時を作ってくださるから、会員同士の絆が深まってきているのだと思います。なかなか出来ないことです。ただただ感謝です。

いつも色々な企画で招待してくださり本当に有り難うございます。

夏の鮎祭りが今から楽しみです。

これからも宜しくお願いします。

http://

 

山菜ハイクで

 投稿者:花山人  投稿日:2017年 4月23日(日)22時00分37秒
返信・引用
  採ってきた山菜を調理して、みんなで頂きました。わいわいがやがやと楽しいひと時を過ごせました。ご参加の皆さん、ご苦労様でした。  

大文字山

 投稿者:ヤッホー  投稿日:2017年 4月22日(土)16時43分19秒
返信・引用 編集済
    今日は T さんと二人で大文字山を歩いてきました。

私は2月に行った三峰山以来の山歩きです。

  新緑の季節を前に、もう木々には緑の葉が芽吹いて来ています。

  頂上付近には三葉つつじが淡い薄紅色の花をたくさん咲かせていました。

  頂上の絶景ポイントで T さんに美味しいコーヒーを頂き、ほっこりしていた時、足元に置いていたザックが突然目の前の斜面に転げ落ちてしまい、思わず「あーっ!!」と絶叫。

回りの方を驚かせてしまいました。

幸い近くに木があり、下の方までは転げ落ちていかなかったので助かりました。

急な坂を降りるのが苦手な私。
Tさんが
「私かとってきてあげる。」
と、気良く降りていき、拾いあげてくださいました。
その時スマホも転げ落ちていて、もっと下の方に落ちていたら探すのが大変なところでした。
不注意な私。

今後こんなことがないように気を付けないといけません。反省です。

  一休憩して、下山。
火床の下では、ワラビ採りをしている方がおられます。
Tさんも早速袋を出しせっせとワラビ採りに勤しんでおられました。

と、他人事のようにいう私は、斜面を歩くのが怖くてへっぴり腰。ワラビとりどころではなく、またTさんが
「そこで待ってて、私が採って来るから。」と。

仕方なく私はへっぴり腰で斜面を歩く練習。
でも怖くてさっさと歩けません。
>
「そんなんで山歩きできるのか!」と怒られそうです。

でも、歩けるように頑張ります!

  下山後はちょっと贅沢にカフェでランチ。

   帰りには銀閣寺の大西で主人のお土産にビールのおつまみをゲット。

  楽しい山歩きでした。

T さん、こんな私ですが、懲りずにまた山歩きご一緒させてください。宜しくお願いしまーす。

http://

 

Re: カタクリを見に

 投稿者:みやび  投稿日:2017年 4月20日(木)21時47分54秒
返信・引用
  > No.263[元記事へ]

> 届出山行 4月16日(日) 13日に見たカタクリが良かったので、女性5人で天皇陵道から小塩山へ登り西山自然保護ネットワークのカタクリの谷の三か所(御陵の谷、Nの谷、炭の谷)でゆっくりカタクリ、ミヤマカタバミ、シハイスミレを見て、そして絶滅危惧種のギフチョウが忍者のごとく現れてひらひらと舞い消えた。小塩山の山頂に寄ってから森の案内所に下山して府道~東海自然歩道を行き善峯寺でお花見をして帰宅。
 

腰痛体操

 投稿者:山鳩  投稿日:2017年 4月20日(木)15時32分29秒
返信・引用
  アンタレスさん有難う。背骨を反って90度ぐらいで頭はあげて太陽と会話ですね。  

ヘッドライト

 投稿者:花山人  投稿日:2017年 4月18日(火)23時09分24秒
返信・引用
  その通りですよ。アップとダウンを繰り返しながら走るのです。対向車や人が見えたらダウンに、いなければアップにして、しょっちゅうアップダウンを繰り返しながら、私は走っています。時々ダウンにするのを忘れて走ることもありますが…。相手がアップのまま走って来たら、こちらもアップにしてやります。そうすると相手も気が付いてダウンにします。  

夜間の走行時のライトの向きについて

 投稿者:アンタレス  投稿日:2017年 4月18日(火)20時40分53秒
返信・引用
  みなさん、知ってました?夜間は ライトを上向けにして走行し、対向車が来たら下へ向けるのですって!
この間 急に黒服の男性が車の前を通り抜けられて びっくり仰天したのです。主人が聞いてきました。「夜はライトをどうするか知ってるか?」って。「そりゃあ知ってるわ、まぶしくないようにした向けで走り、ここぞと思う時は上向きにするのやろ?」「あかんなあ!歩行者が見えへんから上向きで走るのや。」だいぶ前からそうなってる」って。そんなん?みんな知ってるの?そやからあの全身黒服の男性が見えなかったんやね!念のため山行きで聞いてみたらやはりそううらしかった!主人は ウソつかな~い。
 

Re: 河川敷の菜の花

 投稿者:アンタレス  投稿日:2017年 4月18日(火)20時33分17秒
返信・引用
  > No.258[元記事へ]

山鳩さん
リハビリ頑張っておられるのですね!ひとつアドバイスしてもいいですか?腰痛は腰で支えてるから。股関節(骨盤全体で)丹田で支えてくださいね。どうしたらいいかというと、まず、足を肩幅に開くことは出来ますよね?それから体を前に倒していきまが、決して腰を曲げてはいけませんよ!腰を伸ばしたまま、どちらかというと背中をそる様なつもりで曲げていきます。毎朝これで 太陽礼拝をしてください。回数は最初はゆっくり息をしながら5回ではじめてくださいね。しばらく続けて効果がないと思ったら 止めないで典子さんに聞いて下さいね。きっと良くなりますよ~
 

河川敷の菜の花

 投稿者:山鳩  投稿日:2017年 4月17日(月)14時51分29秒
返信・引用
  くいな橋から~背割り堤へ花見がてらのウオーキング。花の命は短くて、出店もなくて、ビールおあずけ
植物園の枝垂れ桜
 

カタクリの群生を求めて

 投稿者:山鳩  投稿日:2017年 4月13日(木)22時21分56秒
返信・引用
  大原野森林公園森の案内所を起点でポンポン山・小塩山のカタクリの群生を観賞
 

/27